なかめのnew lagoon│えがしらはなこ
5d8c2f82bc45ac44e09a03df 5d8c2f82bc45ac44e09a03df 5d8c2f82bc45ac44e09a03df 5d8c2f82bc45ac44e09a03df 5d8c2f82bc45ac44e09a03df

なかめのnew lagoon│えがしらはなこ

1,650 JPY

About shipping cost

なかめのnew lagoon えがしらはなこ pct / oubon 003 南魚沼のマンガ作家・えがしらはなこによる 初マンガ・モノグラフ「new lagoon」の 発売記念展示「なかめのnew lagoon」が 2019年5月に中目黒のdessinにて開催されました。 えがしらは会期中毎日ギャラリーに滞在し ひまな時間にデイリー・マンガを描き 壁に貼り出しました。 毎日のように更新されたそのデイリー・マンガを 1冊にまとめた作品集です。 [仕様] B5/32ページ/アイレット中綴じ 透明とさくら色のテキストシート付き 日本語/英語 [内容] デイリー・マンガ13編 大和田悠樹氏によるテキスト「えがしらはなこの印象」 表紙はえがしらの東京滞在スナップ写真 表紙裏には展示の様子とえがしらが本を包む姿の写真入り - 大和田悠樹氏「えがしらはなこの印象」より: ───ある日、小学4年生の女の子が お母さんの付き添いでdessinに来店した。 お母さんが用事をすませている間 その女の子は『new lagoon』を見つけて、 じっとそれを読んでいた。 そして帰りに、自分のお小遣いでそれを買ってくれた。 マンガを楽しみ、おまけを喜んでいたのが、 遠目からも見て取れた。 会期終了後だったので 彼女は2階で好きなマンガを選ぶことができなかったが、 彼女にとって『new lagoon』は、新しいもの、 わくわくするもの、だったに違いない (家に帰ってすぐにトレースしたそう!)。 懐かしさとは反対の、未知の新しさを感じた女の子へ 『new lagoon』を手渡したことに、 静かに興奮した。─── [えがしら・はなこ] 1992年新潟県南魚沼生まれ。 シルクスクリーン捺染、縫製工場でのミシン修行を経て、現在南魚沼にてマンガ/裁縫/絵を描く。 2016年「ice town」展、2019年「アート/ブックのとても大きな部屋:読む・作る・考える」展、「なかめのnew lagoon」展、「new bathroom」展など。 山のほう中心に展示をしている。 触れないが、毛量が多い犬が大好き。 instagram: egasirahanako デザイン:堤あやこ / edition.nord 印刷:poncotan w&g 製本:高速印刷 アセンブル:チクチク・ラボラトリー © 2019 egasira hanako